コンシェルジュ

クライアントワーク 2019

2019.10.26

クライアントワーク
随時更新いたします。

2019.10 VIVITA ROBOCON コーススロープ制作(VIVITA様)

VIVITA ROBOCON大会に使用された障害物スロープを木製で制作しました。
shopbotを使って木の板を滑らかに削ってから仕上げています。立体的な加工も発明ラボでは制作可能です。
※VIVITA ROBOCONには発明ラボに通っている小中学生も参加しました。詳しくは別記事でまた紹介します~!

コースの全景も紹介します。
スロープの他にも様々な障害物があります。

コースに散らばったボールを集めてポイントを競います。

スロープの先にある穴のボールキャッチ

色々な方法を試行錯誤して挑戦します。

2019.09 小野大輔さん佐川町帰郷イベント装飾(Teamもす。さかわ様)

佐川町の観光大使、声優の小野大輔の凱旋イベントの会場装飾企画。
発明ラボに依頼をいただき、展示内容やコンテンツを一緒に考えて提案させていただきました。
大ちゃんファンも一緒になって「おかえり」を伝えられる、そんなイベントになればと考えました。

会場となる佐川町立桜座(劇場ホール)の特徴的なポーチ壁に、佐川町産桧の葉と苔を使った壁面緑化パネルを設えました。
緑化パネルの中は、小野大輔さん後援団体の文字が浮かんでいます。文字入りりんごは町内の土本観光果樹園さんとのコラボ!

当日は約800人くらいが会場を訪れてイベントを楽しみました。佐川町に800人来るって結構すごいことなんです!

大ちゃんファンの皆さんが写真を撮って、SNSで発信してくれています。

りんごには「大ちゃんおかえり大ちゃんありがとう」の文字。

実は土本観光果樹園さんと、実が大きくなる前から打ち合わせをして、オリジナルりんごを育てていただきました!

桧の葉っぱと苔は、自伐の協力隊に助っ人をお願いして、山から刈り出してきました。

2019.05 giraffe-unit模型(艸建築工房様)

3mm厚のヒノキ材をレーザーカッターを用いてカットし、1/10スケールの建築模型を製作する依頼を受けました。
実際の建築物は、平時は内装材として利用されていて、非常時に間仕切りブースやベンチとして利用されることを想定されています。
今回の依頼物は、模型として様々な場所で展示したり、模型の組み立てを体験していただくけるようになっています。

1ユニットに使うパーツ

ユニット毎に間仕切りブースが組み立てできます。

2ユニット分を使ったベンチの模型

模型では、持ち運びがしやすいように、全体部分も取り外しできます。

2019.05 堂野々集会所看板(堂野々自治会様)

集会場の看板を新調する依頼を受けました。
提供頂いたイチョウの木にレーザーカッターで彫刻加工を行い、仕上げをしています。

彫刻の文字は、以前に取り付けられていた看板の文字をトレースして再現しています。

2019.04 斗賀野ファイターズプラカード(斗賀野ファイターズ様)

町内のドッヂボールチーム、斗賀野ファイターズ様よりプラカードの制作を依頼されました。
卒業生から現役生へのプレゼントとして、卒業生が描いたイラスト等をデータ化してデザインしています。

オモテ面にはドッヂボールと斗賀野ファイターズの名前を彫刻しています

ウラ面には斗賀野の景色の中に動植物を配置したデザインになっています

2019.04 キーホルダー(スノーピーク土佐清水様)

coming soon…!!

2019.04 チーム佐川の日トロフィー(佐川町役場様)

今年度も「チーム佐川の日」にノミネートされた方に贈られるトロフィーを製作しました。
shopbotを使ってヒノキをカットし、アクリルにUVプリントしたパーツをはめ込んで作っています。
「チーム佐川の日」は、「自分ごと」として「まじめに、おもしろく。」地域活動に取り組んでいる町内の団体・個人を表彰するイベントです。

受賞された皆様、おめでとうございます!
佐川町産のヒノキを使った木製トロフィーを受賞者に贈りました。

記事をシェアする