発明家ショーケース

ベンチC-LOVE 制作記録
発明の記録 012

5th ワークショップ ベンチC-LOVE

2017.01.14

2017年、発明ラボのワークショップ初め!

12_0

バイカオウレンも咲き始め、風が冷たく、すっっっごく寒い中行われたベンチC-LOVE…。(この日の夜は佐川でも雪が降りました。)

 

12_3

12_1

ですが今回はお子さんの参加がとても多く、また今回から新しくワークショップに参加してきてくれた子も増え、若い元気パワーで乗り切ることができました!

 

現状・今後の進め方について報告

まずはいつも通り、この2ヶ月の各グループの進行具合について共有します。

なかなか進行が難しいDグループの様子も…

12_3.5

12_2

 

各グループの報告内容

各グループの進捗状況は以下の通りです。

ベンチ現状テンプレート_5

 

本日のワーク内容

今回は「牧野先生と寝れるベンチ」の組み立て・設置がメイン作業。今までで一番ベンチっぽくないベンチと言われていましたがどんな仕上がりになるでしょうか…??設置後、次回設置予定のBグループの塗装も行います。

 

ベンチの組み立て・設置!(Eグループ)

12_23

みんなで作業できるようにパーツを動かして…

12_20

組み立てスタート!

12_21

 

座面の部分と背もたれの部分に分かれてまずは作業。

12_4

 

背もたれの方はインパクトを使って穴を開けて、ダボで部品とつなげる準備をします。

こどもたちも初めてチャレンジ。

12_5

 

座面の方は…

12_8

12_8.5

なかなかみなさんこだわります。

 

最後まで安全に使うことのできるベンチになるようにちょっとずつ調整して、いよいよ座面の部分と背もたれの部分つなげていきます。

12_9

あ!牧野先生!

12_12

そして…最後に手を接着してあげれば…

12_11

完成です!

 

早速みんなで運んで…設置。

12_13

そしてお決まりの記念撮影。

12_14

(完成してみたら1番ベンチらしい仕上げがりに?!)

このベンチ、タイトル通り、若かりしときの牧野富太郎氏と添い寝ができたり写真撮影ができます。座面にはこどもたちが描いた植物、そして脚は鳥居!見どころの満載のベンチです。

座っているだけで楽しい気持ちになりそうですね。

牧野公園にまたひとつ、魅力的なベンチが増えたのでした ◎

 

塗装作業へ(Bグループ)

Bグループの塗装作業に入る頃にはもうお昼…。このままお開きかな??と思いきや!みなさん、作業をしてくださいました。

 

始めて参加してくれた子も懸命にやすり作業。

12_19

12_19.5

 

みなさんが一緒に取り組んでくれたことにより、予定通り塗装作業まで終えることができました。

 

ベンチづくりワークショップで計画しているベンチの設置もいよいよ折り返し地点。

春には計画したベンチ5つ、すべての設置が完了予定です。

 

発明の記録 011

4th ワークショップ ベンチC-LOVE

2016.11.05

だんだんと冬の気配がしてきた11月初旬。

とっても良い天気の中、ベンチC-LOVEの活動を行いました!

 

現状・今後の進め方について報告

まずはいつも通り、この2ヶ月の各グループの進行具合について共有します。

11_1

 

Bグループのベンチは前回再度フィールドワークを行い…とても素敵になっている気配が!

11_2

参加者のみなさんも笑顔です ◎

11_3

 

次回設置予定で今回は塗装作業をするEグループ「牧野先生と寝れるベンチ」の現状も共有しました。

11_4

 

各グループの報告内容

各グループの進捗状況は以下の通り。

 

ベンチ現状テンプレート_4

 

本日のワーク内容

そして!本日は前回に引き続き、2つめのベンチの設置がメインの活動。Cグループが考えた「さかわの四季を愛でるベンチ」の設置です。

 

このベンチを考えてくれた3人。

11_5

ベンチC-LOVE活動の出席率がとても良いのです…いつもありがとうございます!

今回はCグループのベンチをみんなで設置後、Eグループのベンチの塗装を行います。

 

ベンチの組み立て・設置!(Cグループ)

早速みんなで手分けをして、ベンチのパーツ運びます。

Cグループのベンチ設置場所は花見棟から牧野公園の頂上のちょうど真ん中あたり。

 

みんなでひとつのベンチを手分けして組み立てていきます。まずは座面と脚の部分。

11_6

なかなかはまりきらないところは、とんかちで叩いて調節。木工用ボンドとビスでしっかりとめていきます。

11_7

 

ベンチC-LOVEで作っているベンチはどれも発明ラボスタッフの森川が丁寧に設計・切り出しを行っているため、ベンチのパーツもベンチによって異なります。

11_8

今回のベンチのパーツは受話器みたいなかたちをしたものも…??!作業の合間に始まったのはもしもしタイム(笑)和みます…

 

脚の部分が組み立て終わったら、みんなで力を合わせて持ち上げて大移動。

11_9

大きい!!!

 

いっせーの!という掛け声でひっくり返して…

11_10

座面設置!!!

 

ですが、まだ完了はしていません。次に背もたれの組み立て。

11_11

11_12

11_13

座面の穴が空いている部分に1本1本部品をさしていきます。

 

実はこの背もたれ、位置と長さに意味が。

11_14

なんと背もたれによって示された座る位置と背もたれの長さにより、「この場所にこの時期に座るとその季節の美しい佐川をみることができる」、という意味が示されているのです。

ちょっと欲張りな感じがするかもしれませんが、春には桜、夏には紫陽花、秋には珍しい蝶・アサギマダラ、冬には澄んだ空に司牡丹の煙突から伸びる煙など見ることができます。

 

1席に着き12本の背もたれがあるのでなかなか大変でしたが…完成!さっそく座ってみます。

11_15

絵になります(笑)

ちょっと見づらいですがこんな景色を楽しむことができるベンチ。

11_16

 

このベンチ1つで何人も座ることができる「さかわの四季を愛でるベンチ」。このベンチからみることのできる佐川の1年をみんなで共有しながら楽しむことができそうですね!

 

塗装作業へ(Eグループ)

設置作業が終わって一休みしたら塗装作業。もうお手のもの、というような参加者のみなさんの手つき。

 

やすり作業をもくもくとする方もいれば…

11_17

11_18

和気藹々と進める方も…

11_19

 

塗装作業もばっちり。協力して進めます。

11_20

11_21

 

回を重ねるごとに作業にもなれ、みなさんが楽しんでベンチづくりに取り組んでいる様子を感じました。

11_22

 

片付けまでみんなでして…

11_23

 

最後は輪になって終わり!

11_24

 

今年のベンチC-LOVEの活動はここまで。

6月に始まったときはこんなに大きなプロジェクトになるとは誰が予想したことか。発明ラボのスタッフも手探り状態でここまで進めてきましたが見事2つのベンチが牧野公園に設置できました!

来年以降もまだまだ個性的なベンチの設置予定があります。これからも佐川町のみなさんと力を合わせて作っていけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします〜!

 

また来年!

11_25

 

 

発明の記録 010

3rd ワークショップ ベンチC-LOVE

2016.09.10

ベンチC-LOVE、第2回目の活動。今日はいよいよ1つめのベンチの設置をします!

ベンチC-LOVEのメンバーはいつも通り、花見棟に10:00集合。

 

現状・今後の進め方について報告

まずはこの2ヶ月の各グループの進行具合について共有します。

10_1

10_2

Eグループの牧野先生と寝れるベンチも進んでいるみたいです…!

 

そして次に設置をするCグループのベンチについて共有。

前回のフィールドワークを経て、デザインがつめられ模型まで完成しました!なにやら背もたれに意味があるようです…!

10_4

10_5

(こんなかたちになったのか〜とみなさん興味津々)

 

各グループの報告内容

報告では以下のようなことを共有しました!

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e7%8f%be%e7%8a%b6%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%882

 

本日のワーク内容

今日の作業のメインは前回塗装をした、Aグループのベンチ「うたたね桜」の組み立て・設置。その後2つに分かれ、みんなでCグループのベンチのパーツの塗装、それからBグループのベンチの設計のためにフィールドワーク行います。

 

メイン作業、ベンチの組み立て・設置!(Aグループ)

いざ組み立てへ!まずはみんなで手分けをしてパーツや道具の運搬。

うたたね桜の設置場所は牧野公園の頂上。牧野公園で1番始めに桜が咲くといわれている場所です。

10_6

みんなで力を合わせて運んで…

10_7

頂上に到着!ここに第1号ベンチを設置します!

 

ちょっとひと休みをしてから、みんなで組み立て作業へ

10_9

10_8

組み立てスタート。前回塗装したベンチのパーツたちです。

うたたね桜は、1人用のベンチが3つつながってできる構造です。そのため3つに分かれてベンチを組み立てていきます。

 

パーツを順番に並べて…1つひとつ組み合わせ、ネジとボンドで固定をしていきました。

10_10

10_14

組み合わせにくい部分は手作業で。最後の調整は少しずつ慎重に行っていきます。

 

そして…完成!

さっそく座ってみたり…みんなでベンチを楽しみました!

10_11

10_12

 

今はまだ桜が咲いていないですが、桜の咲く頃またこのベンチに座って景色を楽しみたいですね。

10_13

 

その他のグループのベンチづくりも進行中!(C・Eグループ)

このままAグループのベンチを堪能したい!という気持ちをおさえつつ…花見棟へ戻り、みんなで他のグループの作業も行いました。

 

Cグループは前回のAグループ同様、やすり作業の後ベンチのパーツの塗装作業。

 

Bグループはフィールドワーク。設置場所が変わったため、背もたれの角度や座面の大きさを検討し直しました。

 

今回のベンチC-LOVEの活動はここまで。今回は1つ、ベンチが完成し自分たちで考えたベンチがかたちになるということ体験できました!残り4つのベンチの完成も楽しみです!

 

発明の記録 009

2nd ワークショップ ベンチC-LOVE

2016.07.09

 

第1回ワークショップから1ヶ月。この日はちょうど選挙の日と重なってしまいましたが、1回目から引き続き、多くの参加者の方が牧野公園に集合してくれました。

9_1

場所は花見棟。良い雰囲気です。

 

現状・今後の進め方について報告

まずはじめにこの1ヶ月で決まったベンチの制作について参加者の方に説明。

9_2

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%bb%e3%82%b93-02

ベンチづくりWS全体の現状やどの部分をラボが行い、どこからみんなでつくるか確認しました。

また1グループずつ、解決しなければいけない問題点と進め方をイラストや写真、3Dデータで共有していきました。

各グループの現状

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e7%8f%be%e7%8a%b6%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%881

と今後について少し様子がわかってきたところで…

 

ベンチC-LOVE発足!

当初の予定では前回と今回で終了だった『集まりたくなるベンチづくりワークショップ』。

ですが想像以上に素敵なベンチが企画されたため、いつの間にか壮大なプロジェクトになっていました…。とても2回だけでは終わらない!ということで、今後は『ベンチC-LOVE』として2ヶ月に1回程度集まり少しずつベンチを完成させていこう!というグループを作ることに。(パチパチ〜!)

活動に関しても今まではグループごとにベンチを考えてきましたが、今後はみんなでみんなのベンチを考えて作ることに。その発足と決意表明も行われました。

 

ベンチの制作は大きく3つのSTEP。

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81step3

この内容を2ヶ月に1度の集まりで進めていきます!

 

ちなみに…ベンチC-LOVEのスタンプカードやバッチも…ゆる〜い感じなのでご興味のある方はお気軽にご参加ください〜!

9_14

 

本日のワーク内容

一通りの説明が終わったところで今日のベンチC-LOVEの活動へ

主に今日作業を進めるのは3グループ。A・C・Eグループでなかった参加者もそのグループの作業を一緒にします。

 

ベンチからはなにがみえる??フィールドワーク(Cグループ)

デザインを詰める段階のCグループのベンチ。ベンチのコンセプトの「佐川の四季の景色や花をみることができる」をより具体的にしていくために、みんなで設置予定場所に行き、フィールドワークを行いました。

9_5

大きな段ボールを広げ、どの方向にどんなものがみえるか、みんなの情報を集めます。

得た情報はマジックで方向とともに記入。

9_4

たくさん情報が集められました!

 

牧野公園にはどんな山野草がみえる??(Eグループ)

Eグループのベンチはあの牧野先生と添い寝ができるというユニークなベンチ!!!デザインもいい味をそのまま生かしたベンチにすることに。

前回作ったプロトタイプの清書をしました。大きな段ボールをみんなで囲んで牧野公園でみ流ことができる(?)お花や虫を描いていました!

9_12

かわいい!

添い寝する予定の牧野先生も、若い頃をリスペクトしているらしく、とても凛々しい仕上がりになりました。どんな様子かはまた次回のワークショップで…。

 

塗装作業!

C・Eグループの作業がひと段落して、いよいよAグループの作業。Aグループは植栽やデザインで大きな問題がなかったため、この1ヶ月という短い間で発明ラボ・森川が設計、切り出しまで行いました。(※ その過程はまた後日レポートします!)

 

Aグループのベンチ。前回はこんな感じでフィニッシュしていましたが…

9_6

設計し、

9_13

佐川町の木材をパーツごとに切り出すと…じゃーーーーーん!

9_8

9_7

こんなに多くのパーツが!曲がっていたり、凹んでいる部分があったり。なかなかすぐにどの部分なのかわかりません。

 

そしてこれが塗装する道具たち。

9_11

 

みんなでこのパーツを塗装していきます。が、その前にしないといけない大切な作業がやすり作業。

はじめは粗めのやすりで、大きな“ささくれ”がとれたら、今度は細かいやすりで。

9_9

みんなもくもくと作業をします。

9_15

いつの間にか「粗めやすり担当」と「細かいやすり担当」ができていたり…

 

やすり作業がある程度進んできたら塗装作業も開始。塗装に使うのはこちら。

9_10

塗り残しやムラがないように塗っていきます。

 

9_16

9_17

おとなもこどももいろんな世代が混じって一緒に作業。あんなにあったパーツもあっという間に塗り終わりまですることができました。

 

第2回ワークショップ、ベンチC-LOVEとしての初活動はここまで。

次回はAグループのベンチ「うたたね桜」の設置が大きな活動内容になります!楽しみです〜◎

 

 

発明の記録 008

ベンチの材料・佐川産木材到着!

2016.06.20

今回の要!といっても過言ではない佐川町産の木材!

8_1

佐川町地域おこし協力隊・自伐型林業のみなさんが切ってくださいましたー!!!

すごい!大量!

 

この素晴らしい材料を加工し、素晴らしいベンチを作ります。

 

 

発明の記録 007

挨拶状

2016.06.15

『集まりたくなるベンチづくりワークショップ』参加者の方へお礼&次回のご案内のお手紙を送付いたしました!

7_5

 

グループの記念写真とベンチの名前、メンバーの名前がダンボールにプリントされた挨拶状。

実はこのダンボールはワークショップのプロトタイプの端材で作ったものでした!

組み立てるとベンチができますよ〜◎ ぜひ組み立ててみてくださいね。

7_3

 

 

発明の記録 006

整備している方の想いを聞く

2016.06.13

ベンチづくりWS から一週間。各グループの問題点をまとめました。

ベンチづくりWS現状まとめ_160613

 

植栽の計画との調整

そして今日は牧野公園を普段から熱心に整備される、戸梶さん、チーム田村のみなさんにヒアリング。

ベンチの実現に向けて一番その場所を大切にしている、よく知っている方に想いを伺います。

牧野公園に行き、ひとつひとつのベンチの現状を共有させていただきました。

6_1

 

相談して設置場所を変えるベンチも。

ベンチのコンセプトはそのままに、植栽計画と照らし合わせ、ちょうど良い場所に設置場所を変更することになりました。

6_2

6_3

眺めもこちらの方が良い!

 

現時点で上がっている問題をご相談し、一緒に考え、解決へ向けての話し合い。

佐川町は“まちまるごと植物園”という町全体を植物園のように、植物がいっぱいな町にしようという計画もあり、その代表となる牧野公園を大切にせずにベンチづくりは行えないのです。

 

相談の結果

%ef%bc%96_%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e4%bc%81%e7%94%bb

こんな感じに。

植栽の計画や季節により咲く山野草のことを伺いながらお話をさせていただき、具体的な進め方や考慮しないといけない点などがみえてきました!

発明の記録 005

1st ワークショップ   ( 2日目・PM )

2016.06.05

ちょこっとだけレポート。

作戦会議!

第1回目のワークショップが終わり、運営メンバーもひとやす…みはせず、今後どうやってベンチを実現させていくのか作戦会議をしました。

「ベンチをつくろう!」といったものの…実現に向けて、越えなければいけないハードルはいくつもあります。

発明ラボのメンバーもベンチ職人というわけでもありませんし、使う木材の調達は間に合うのか、どのくらい使うのか、設置予定である場所は整備中ではないのか、危険ではないのか、考えれば考えるほど今後の問題があげられるのです。(不安!)

ガクガクブルブル状態の運営メンバー。ですが…話しているだけではしょうがない、と実際に各グループの設置場所で話すことに。牧野公園へ場所を移します。

 

現地・牧野公園での確認作業

それぞれのグループのベンチの設置場所に行き、土地の確認やどういった方法で作っていくのか、牧野公園の整備に支障はないのかなどなど、ひとつずつ今後の進め方について確認していきました。

5_2

5_1

 

運営メンバーとしてはできる限り「すべてのベンチを実現させたい」、みんなにこの思いがあります。

ですが牧野公園を整備してくださっている方にご迷惑がかかったり、自分たちの都合の良いように無理にベンチを作るということはもちろんしたくありません。

ひとつずつ、確認をし問題なく進められそうか、問題があればどうやって解決していけば良いか、運営メンバーみんなで確認していきました。

 

今後の進め方

結果、問題が解決されたベンチから制作・設置をしていくことに。

運営メンバーだけでは解決できないこともあり、すべてのベンチを一気に完成させるのではなく、ひとつずつ完成させていく方向になりました。

 

ベンチづくりワークショップ。はじまったばかりですが、「想い」をかたちにできるよう運営メンバーみんな頑張っていきたいと思っています!

5

みんなの笑顔を見るためにっ!

 

発明の記録 004

1st ワークショップ   ( 2日目・AM )

2016.06.05

ワークショップ2日目。この日は朝から雨…6月らしいです。

 

1日目から場所は変わり、さかわ発明ラボがある場所、佐川町総合文化センターでワークを行いました。

 

会場には各グループの、ダンボールベンチ用のパーツがずらり。

4_1

4_2

なんとかスタッフの準備も間に合いました…(ほっと一安心)

 

原寸大ダンボールベンチを作る!

2日目は、前日に考えたベンチをダンボールで原寸大で作るところからスタート。

レーザーカッターでカットされたパーツを各グループで組み立てます。

4_3

パズルのようにパーツを組み合わせて…完成!

レーザカッターで加工しできたパーツは1日目に制作したベンチよりコンセプトが明確なものに。企画したベンチを実寸サイズで作ることにより、かたちや高さを体感できます。

 

インプットとアウトプット

実寸のベンチができたらグループ内で良い点やもう少し改善したい点を話し合いました。

他のグループの人とも意見交換。

自分のグループのベンチについて説明したり、他のグループのベンチについても知り、付箋に書いて思ったことを伝えます。

4_5

4_4

他のグループの視点を得ることによって、改善点がみえてきます。

 

最後の詰めの作業

様々な視点を得たあとは、それをふまえてそれぞれのグループでベンチの細かい部分を詰める作業。ダンボールを切ったり付け足したりして、ブラッシュアップをしました。

4_6

4_7

そして…完成です!

 

各グループごとに最終的な形を発表し、『集まりたくなるベンチづくりワークショップ』は幕を閉じました。

4_8a

Aグループ「うたたね桜」

4_8b

Bグループ「あなたによりそう、ゆっくりんどう」

4_8c

Cグループ「さかわの四季を愛でるベンチ From SAKAWA with love」

4_8d

Dグループ「牧!巻!Best ビューベンチ」

4_8e

Eグループ「牧野先生と寝れる歴史ベンチ」

 

参加者の方々は幅広い年齢層でしたが、みな真剣に、協力しながら手を動かしており、それぞれのベンチが完成したとき、会場は盛り上がりと一体感に満ちていたのがとても印象的でした!

 

参加者のみなさま、きっとまだどんなことができるのか、なにをするところなのかよくご存知ない方が大半だったと思いますが…そんな中「さかわ発明ラボ」の初めてのワークショップに本当にご参加ありがとうございました!!!

 

発明の記録 003

1st ワークショップ   ( 1日目・PM )

2016.06.04

ワークショップが終わってひと段落。運営メンバーみんなで豚太郎で腹ごしらえをして、いざ作業です。

3_1

(午後からの作業に備えて、がっつりいただきました)

 

ベンチの整理

明日のワークショップのために5グループすべてのベンチを見直し。1日目の活動やコンセプト、ベンチの模型をメンバー全員で共有し、今回のワークショップにご協力いただいている秋吉さん、山田さんのアドバイスのもと、コンセプトは大切にしたままに各グループのベンチが実際にベンチとして機能するものになるよう方向性を見定め、今後の方向性を話し合いました。

3_3

そして形状の修正…

 

模型のパーツ作り

方向性が決まったら、明日のワークショップでしっかりとした模型を作るための作業。ライノセラスを使用し3Dデータ上でのベンチのモデリングや、イラストレーターでデータの作成をします。

3_2

制作したダンボールベンチも参考に、ベンチの厚みや、パーツ同士をしっかり組み合わすことができるか考えながらのデータ制作。

明日までに加工まで完了させないといけないため、運営メンバーは黙々と作業。時間との勝負です。

 

データができたら加工。

ダンボール用にパラメーターを合わせて…(レーザーカッターでは素材ごとにカットするレーザー光の強さを合わせるのです)

3_5

 

カット!

3_4

一体、このパーツはどのグループのベンチのパーツでしょうか…?

 

この日は時間の許す限り、作業。秋吉さん、山田さんにも遅くまでお付き合いいただきました。そして文化センターを管理しているくまさん、夜遅くまでご迷惑おかけしました。ありがとうございました!

明日もワークショップ頑張るぞ 〜

 

発明の記録 002

1st ワークショップ   ( 1日目・AM )

2016.06.04

佐川町民の憩いの場である牧野公園。そこで使うベンチを、自分たちで作ろうと『集まりたくなるベンチづくりワークショップ』を開催しました!

ワークショップの募集で集まってくれた参加者は牧野公園の整備を手掛ける方を中心とし、毎朝の散歩に利用している方や親子など様々な世代の方々、約20名。このワークショップで一体牧野公園のどこに、どんなかたちのベンチができるのでしょうか…?!とてもわくわくします。

 

8:30スタート!

ワークショップ1日目。心配されていたお天気も、なんとか保ち…朝は早くから参加者の方もぞくぞく集まり、ワークショップがスタートしました!

2_1

 

“ ShopBot ”ってなんだろう?

はじめに、今回ベンチを作るときに使用する機械、大型木材加工機・ShopBotを参加者みんなで見学。

発明ラボスタッフ・森川が説明をします。みたこともない大きな機械を囲み、みなさん説明に聞きいっていました。

2_2

2_3

ShopBotをご存知ない方は下記をごらんください!

2_shopbot%e3%81%a8%e3%81%af

 

牧野公園にフィールドワークへ

どんな機械で作るか学んだ後は、牧野公園にみんなで移動。

はじめに普段から牧野公園を整備する、佐川町役場職員・戸梶さんの想いを伺いました。

2_4

想いを知り、グループに分かれてフィールドワーク。5つのグループに分かれ、それぞれ担当のエリアを歩き回ります。

2_6

( 牧野公園ってとても広いのです! )

 

「この場所からだと佐川町が一望できる。ここにベンチを作ろう」、「この辺りに咲くリンドウが観れるベンチを作りたい」などなど牧野公園に溢れる魅力を探し、どこにどんなベンチが欲しいかグループみんなで相談します。

2_5

2_7

 

ベンチを置く場所が決まったらベンチになってみたり…(笑)

2_8b

2_8e

途中、雨が降ってきましたが、参加者の方はお構いなし!みなさん和気藹々とどんなベンチが欲しいか話し合っていました。

 

どんなベンチをつくるか中間報告!

フィールドワークを終えてみなさん再び集合。

それぞれのグループごとにどこにどんなベンチを考えたかコンセプトを簡単に共有しました。

2_%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e4%bc%81%e7%94%bb

( どんなベンチができるのか楽しみです! )

 

プロトタイピングしてみる

自分のグループと他のグループがどんなベンチを作るか確認したところで「かたち」にする作業へ。ここからの作業はノンストップ!

第一段階は厚紙で一人ひとり、ベンチの模型を作ってみます。時間は15分。これが思ったより短い…!頭で考えている暇はありません。

2_9

( 町長もその様子をじっと見つめています… )

時折ShopBotで作られた世界のベンチを参考にしながら…ハサミでザクザク、テープをペタペタ。とにかくみんな手を動かしてみる、そうして自分の思い描くベンチを形にしていきます。

15分経ったらすぐにグループで共有。同じコンセプトのベンチでも人によって大きさや形が様々です。

グループで話し合い、1つの形にします。

2_10

Aグループ

2_10b

Bグループ

2_10c

Cグループ

2_10d

Dグループ

2_10e

Eグループ

 

そして第2段階へ。休憩時間なんてありません。

今度は実際のサイズをイメージしてダンボールでプロトタイピングをしてみます。グループみんなで力を合わせての作業です。

2_11

2_12

どのグループもそれぞれの思い描くベンチをかたちにしていきます。

なかには「これってベンチなの?!」なんて思ってしまう模型もちらほら…(笑)でもまじめに、おもしろく!そういうかたちもどんなかたちも、大歓迎です!(笑)

 

それぞれのベンチの企画発表!

あっという間にタイムアップ。

最後はみんなで花見棟に作り上げたダンボールのベンチ模型を敷き詰めた中でどんなベンチか共有し合いました。

2_13

 

1日目の各グループの成果はこ〜んな感じ!

2_14a

Aグループ

2_14b

Bグループ

2_14c
Cグループ

2_14d
Dグループ

2_14e
Eグループ

 

2日目はもっと具体的にベンチについて考えるワーク。

最後に作った模型を、今度はレーザーカッターで加工したダンボールで作ります。

 

参加者のみなさま、1日目お疲れさまでした!

 

発明の記録 001

WS参加者募集!

2016.05.31

さかわ発明ラボの記念すべき第1弾 WS 、『 集まりたくなるベンチづくりワークショップ 』を開催します ◎

佐川町のみなさま、ぜひご参加下さい〜!!!

0520_bench1

集まりたくなるベンチづくりワークショップ

さかわ発明ラボの発明ワークショップ第1弾。
佐川町民の憩いの場である、牧野公園。そこに自分たちで使うベンチを自分たちで考えて制作するWSです。ベンチを作りたい場所をフィールドワークし、そこから得た発想をもとにみんなでどんなベンチが必要か企画をします。その後、模型を制作、最後には佐川産のひのきを材料に大型切削加工機・ShopBotで切り出しを行い、塗装、組み立て、設置をします。
6月に第1回、7月に第2回を開催、それ以降は2ヶ月に1回のペースで“ ベンチC-LOVE ”としてベンチの制作を進めています。

今までの発明の記録

ShopBotレーザーカッターワークショップ
トップへ

過去の発明