発明ニュース

第二回 ロボット動物園@尾川小学校

今回の授業テーマは「デザイン」。佐川町産ヒノキでつくられた箱型ロボットを好きな動物にデザインしました。

はじめに一人ずつ、どんな動物をつくろうとしているか発表。名前や年齢、性格、好きな食べ物…など、動物の特徴について発表し合いました。この時点で具体的に作りたい動物をイメージしておくことでデザインも取りかかりやすくなります。

そして製作!木の枝や葉、実、ドライフラワーといった自然物や、各々が持ってきたフェルト、ビーズなどを使用して箱型ロボットをオリジナルの動物ロボットに変身させていきました。枝をちょうどいい長さに切ったり、葉と葉を繋げて大きくしたり。自分がイメージする動物に近づくように、みんな素材を選んだり、調整をしたりしている姿が印象的でした。

次回の授業はちょっと間が空いて秋頃。ロボットを動かすための授業がはじまります。



tamura1

過去の発明ニュース