発明ニュース

さかわ発明キャンプ2016 3日目レポート

来年から誕生する高知県佐川町「発明職」の採用選考合宿「さかわ発明キャンプ」。日本各地から発明家が集まり、三日間に渡り佐川の課題を解決する、佐川の暮らしを豊かにする“まじめにおもしろい発明”に挑みました。いよいよ最終日、突っ走ってきた発明家たちの成果の発表です!

発表会に向け、ラストスパート!

最終日にふさわしく? 佐川町は朝から快晴!
tamura1
役場に行くと夜通し作業をしていた発明家の姿が…本当にお疲れさまです。
tamura1

2日目に引き続き、役場とラボに分かれて制作。午後の発表会に向けそれぞれ最後の追い込みです。
( 最終日はみんなでお揃いの勝負服「発明くんTシャツ」!!! )

tamura1
tamura1
だんだんと、「発明」の全貌がみえてきたり…??

tamura1
tamura1

いよいよ成果発表!


tamura1

制限時間ギリギリまで作業をし、役場にてそれぞれの成果の発表です。
発表会には町長をはじめ、役場職員の方にもお集まりいただきました!

tamura1


順番に一人ずつ、佐川町でどんな発見があり、どんなことを感じ、考えたのか、発明品が生まれた経緯をプレゼンしていきます。



フィールドワークで発見した「苔」と酒蔵の町として象徴的なアイテムと考えた「升」をモチーフに、佐川の標本を制作した発明家や…

tamura1
升に佐川の檜、それから佐川のマークが入っていることがポイントだそう。



牧野公園で山野草を鑑賞した気持ち(詩を詠み、その声を段階分けしたもの)をすぐにレーザーカッターで加工できるようなシステムを制作した発明家…

tamura1
tamura1
段階ごとにデータが作られる仕組み。文字が浮かび上がっているようにみえます。



風景や植物など佐川で撮影した写真を抽象化し、それを光にして持って帰ることがきるお土産を制作した発明家。

tamura1
材料にはラボで出る端材や、佐川町の近隣にある伊野町の和紙などが使用しています。

tamura1


紹介させていただいたものは一部ですが、それぞれの発明家が生み出したものにプレゼンを聞いた人は興味津々。質問やそこでまた新しいアイデアが生まれたりしていました。

tamura1


最後はみんなで記念撮影!

tamura1

( みんなやりきった笑顔が素敵です! )


長いようであっという間だったさかわ発明キャンプ。参加者の方から「こんなに楽しんで良いのかな?」といったお声をいただくほど、ものづくりはもちろん、地域の方との交流、地域の食べ物・自然・文化を知ること、知恵を出し合ってアイデアをよりよくしていくこと、そのすべてを楽しんでいる様子がみてとれました。

参加者の方、ご参加いただきありがとうございました。そして本当にお疲れさまでした!

佐川町のこれからがますます楽しみになった三日間でした!




過去の発明ニュース