Scroll
できること
たとえば
さかわ発明ラボの ストーリー

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

0889-20-9366

(受付時間:水、木、土 10:00-18:00 / 金 14:00-21:00)

お問合せ
 

▶ 新商品を開発するのに小規模な試作をしたい。(メーカー様)

▶ オリジナル商品をつくりたい。(製造業様、販売店様)

▶ ふるさと納税の返礼品を考えてほしい。(各自治体様)

▶ イベントでワークショップをやりたい。(イベンター様)

▶ いつもとは違う環境でアイデア出しをしたい。(デザイナー様)

さかわ発明ラボ

私たちはこれまで、地域の資源(人、思い、自然)をベースに、

さまざまな人の力とデジタルファブリケーションの技術を活用して、新しい発明にチャレンジしてきました。

 

「子どもがもっと勉強したくなる机」

「高齢者が歩き、集い、対話したくなるベンチ」

「世界で一つだけのロボットをつくる学校教育」

 

国内有数の規模で最新デジタル工作機器を備える

さかわ発明ラボ、ここでは日々新たなコンテンツが生まれています。

さかわ発明ラボのある佐川町は、

高知県中西部仁淀川流域にある人口13,000人ほどの町です。

この山間の町で、新しい挑戦が始まっています。

 

町の70%を占めるヒノキや杉などの森林。

植物学の父、牧野富太郎博士が愛した山野草。

お茶、にら、しょうが、梨、米などの農作物。

 

地域資源とデジタルファブリケーションの力を用い、

住民・移住者・専門家の知を掛け合わせ、

地域課題を解決し、生活を豊かにする「発明」が

生まれる場、それが「さかわ発明ラボ」です。

あなたの

「つくりたい」を

サポート

 

さかわ発明ラボ 発足より約2年。

最新鋭のデジタルファブリケーション機器を用い、

日々さまざまな地域課題と向き合ってきました。

 

その中で、

「つくりたいものがあるけど、具体的にどうやったら作れるか分からない。」

「自分が”つくる”に参加したものを世の中に発信したい。」

 

ものづくりの”種”を随所で目の当たりにしました。

 

2018年2月、ものづくりに特化した開発支援サービスを開設します。

その名も ものづくりコンシェルジュ。

さかわ発明ラボがさまざまなニーズに対して親身に、

そして気軽に相談できる良き相談役となり、

あなたにあったストーリーを提案します。

Copyright © 2018 Sakawa Hatsumei Lab. All rights reserved.

▶デザイン、設計

▶リサーチ

▶プロトタイプ制作

▶商品企画、販路提案

▶販売(準備中)

▶ワークショップの企画運営

▶アイデアソンの企画運営

高知県佐川町

issue+design

[運営元]

Scroll

あなたの

「つくりたい」を

サポート

 

さかわ発明ラボ 発足より約2年。

最新鋭のデジタルファブリケーション機器を用い、

日々さまざまな地域課題と向き合ってきました。

 

その中で、

「つくりたいものがあるけど、具体的にどうやったら作れるか分からない。」

「自分が”つくる”に参加したものを世の中に発信したい。」

 

ものづくりの”種”を随所で目の当たりにしました。

 

2018年2月、ものづくりに特化した開発支援サービスを開設します。

その名も ものづくりコンシェルジュ。

さかわ発明ラボがさまざまなニーズに対して親身に、そして気軽に相談できる良き相談役となり、

あなたにあったストーリーを提案します。

できること

▶デザイン、設計

▶リサーチ

▶プロトタイプ制作

▶商品企画、販路提案

▶販売(準備中)

▶ワークショップの企画運営

▶アイデアソンの企画運営

たとえば

さかわ発明ラボの

ストーリー

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

0889-20-9366

(受付時間:水、木、土 10:00-18:00 / 金 14:00-21:00)

お問合せ

さかわ発明ラボ

▶ 新商品を開発するのに小規模な試作をしたい。

(メーカー様)

▶ オリジナル商品をつくりたい。

(製造業様、販売店様)

▶ ふるさと納税の返礼品を考えてほしい。

(各自治体様)

▶ イベントでワークショップをやりたい。

(イベンター様)

▶ いつもとは違う環境でアイデア出しをしたい。

(デザイナー様)

▶6次産業化したい。

(農林漁業者様)

私たちはこれまで、

地域の資源(人、思い、自然)をベースに、

さまざまな人の力と

デジタルファブリケーションの技術を活用して、

新しい発明にチャレンジしてきました。

 

「子どもがもっと勉強したくなる机」

「高齢者が歩き、集い、対話したくなるベンチ」

「世界で一つだけのロボットをつくる学校教育」

 

国内有数の規模で最新デジタル工作機器を備える

さかわ発明ラボ、

ここでは日々新たなコンテンツが生まれています。

さかわ発明ラボのある佐川町は、

高知県中西部仁淀川流域にある

人口13,000人ほどの町です。

この山間の町で、新しい挑戦が始まっています。

 

町の70%を占めるヒノキや杉などの森林。

植物学の父、牧野富太郎博士が愛した山野草。

お茶、にら、しょうが、梨、米などの農作物。

 

地域資源と

デジタルファブリケーションの力を用い、

住民・移住者・専門家の知を掛け合わせ、

地域課題を解決し、生活を豊かにする「発明」が

生まれる場、それが「さかわ発明ラボ」です。